海と街と音楽とVol.13 あなたと私の「さらば青春の光」
久米島

The Who / Quadrophenia (1973)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はフー(The Who)の四重人格(Quadrophenia)をご紹介します。

一見、海とは何の関係もないように見えるアルバムですが、このアルバムを原作としてつくられた1979年の映画さらば青春の光(Quadrophenia)に海が印象的なシーンがいくつも登場するんですよ。

この映画1960年代のロンドンが舞台で、主人公がモッズ。モッズというのはモダーンズの略でモボ(モダンボーイの略)とかハイカラ(ハイカラーの略)みたいな“ナウい”ひとたちみたいな意味ですね。
モッズがランブレッタのスクーターでロンドン郊外のブライトンビーチへ行くとロッカーズと喧嘩になって…みたいな、青春物語。
最後のシーンも断崖絶壁のビーチー岬が登場し、映画を見終わるとスクーターで海に行きたくなります。

実は、昔ベスパに乗っていまして、後ろに妻を乗せて湘南のビーチに向かったことが。しかし行く途中で道に迷ってしまって、やっとビーチに着いたら、既に夕方だったという事件がありました。当時はスマホもないし、スクーターなので地図も乗せていなかったので、迷いながらやっとたどり着いたつらい思い出です。もちろんそのとき頭の中ではこの四重人格が流れていました(というは話を盛りすぎ)。

四重人格はフーのロックオペラで、他にもトミー(Tommy)という名盤もあります。ビートルズやストーンズに並ぶフーですが、日本ではイマイチ知名度がないので、この機会にぜひ聴いてみてください。

映画「さらば青春の光」


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

おすすめの記事