加計呂麻島

Holger Czukay / Movies (1979)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はホルガー・シューカイ(Holger Czukay)をご紹介します。

ホルガー・シューカイの日本でのヒット曲はペルシアン・ラブ(Persian Love)で、これはスネークマンショーの「死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!」やサントリーのCMに使われた事もあるので、聴けば『あぁ、この曲』と思う人もいるかもしれません。

そのペルシアン・ラブが納められているアルバムがムービーズ(Movies)です。音は民族音楽とエレクトロニカのコラージュみたいな感じで、クセになります。アメリカンロックがシンプルなハンバーガーだとすると、下ごしらえやソースに凝ったフレンチみたいな感じ(ホルガー・シューカイはカン(Can)というドイツのバンドの元メンバーで、フランスとは関係ないですが)。

ホルガー・シューカイは、シュトックハウゼン(Karlheinz Stockhausen)という現代音楽の巨匠の元で学んでいたことがあって、まあいわゆるインテリです。

根底にあるのは表現の自由のために既存の慣習をぶちこわすという姿勢で、パンク/ニューウェイブに通じるものがあります。実際に元ジャパン(Japan)のデヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)や元PILのジャー・ウォブル(Jah Wobble)とコラボしていたりして、親和性が高いです。

ビーチにエスニック料理なんかをお弁当に持って行くようなシーンのBGMにぴったり。エスニック料理がなんだかわかんない場合はどこでも手に入るカレー料理でもいいでしょう。
チャイなんか飲みながら、まったりするときにも似合いますよ。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

おすすめの記事