海と街と音楽とVol.40 余生を送るなら、こんな音が似合う場所に

David Sylvian / Gone to Earth (1986)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はデヴィド・シルヴィアン(David Sylvian)のゴーン・トゥ・アース(Gone to Earth)をご紹介します。

デヴィド・シルヴィアンと言えば、40〜50代のお嬢様方が若き頃熱狂した元ジャパン(Japan)のヴォーカル。元祖ビジュアル系というと安っぽいけど、そのルックスもあって日本では女性人気がすごかったですよね。ラストツアーのギターに土屋昌巳だったり、坂本龍一としょっちゅうコラボしたりと、バンド名通り日本とも関わりが多かった。

人気先行のアイドルバンドみたいに思うかもしれませんが、音のクオリティは高く、男性ファンも多かったです。特にラストアルバムのブリキの太鼓(Tin Drum)はイギリスでもかなり売れたので、ぜひ一聴してください。

で、このゴーン・トゥ・アースはジャパンを解散したデヴィド・シルヴィアンのソロ2作目。2枚組のボリュームです。

音の方は、アンビニエントというか、静かな曲調のものが多く、海辺によく合います。
でも、ジャパンの音からはやや距離のある感じ。
デビッド・シルヴィアンはこの後ポップスターとしての側面をどんどん脱ぎ捨てて、アーティストとしての側面が色濃くなっていくのですが、ファーストからサードぐらいまではポップスターの匂いが残っていて、私的にはちょうどいい塩梅な音です。

個人的にはジャパンの音が好きで、アーティストと言うか、仙人のようになっていくデビッド・シルヴィアンとは距離を置くようになっていたのですが、最近になってマヌフォン(Manafon)とか聴いたら、けっこうこの路線もいいかもと思うようになりました。

誰もがポップスターの要素とアーティストの要素を持っているのと思うのですが、そのバランスがちょうどいいと、気持ちよく聴けます。私にとってゴーン・トゥ・アースはちょうどいいバランスですが、これって個人によって違うので、ぜひみなさんも自分にとってちょうどいいバランスの音を探してみてください。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

おすすめの記事