海と街と音楽とVol.26 アフロビートで我を忘れる

Zombie / Fela Kuti (1976)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はフェラ・クティ(Fela Kuti)のゾンビ(Zombie)をご紹介します。

フェラ・クティはアフロビートの創始者と言われているナイジェリア出身のアーティストです。アフロビートというのはアフリカ音楽とファンクの融合みたいな音といえば通じるでしょうか? 体を動かしたくなるリズムと扇動するようなホーンセクションが印象的です。

フェラ・クティはミュージシャンであると同時に黒人解放運動家でもあり、黒い大統領(Black President)などと呼ばれていました。当時の政権から弾圧され、何度も投獄されたりしています。
このゾンビは軍隊の襲撃を受けた体験から生まれたアルバムで、軍隊を「ゾンビみたいだ」と揶揄しているのだそう。

歌詞にはもちろん政治的なメッセージなども含まれているのですが、音にはそういった堅苦しさは微塵も感じず、ひたすらパワフルでハッピー。
何時間でも聞いていられるという、ある意味麻薬のような音です。

フェラ・クティは、レゲエの神様ボブ・マーリー(Bob Marley)と並び称されるほどの人物ですが、日本ではいまいちマイナーです。
理由は、1曲が15分前後もあるのでラジオでなかなかオンエアーされない、というのとメチャ多作なので、代表作がどれだかわからないといったところでしょうか。
今回紹介したゾンビは代表作の1つですが、エクスペンシブ・シット(Expensive Shit)の方が良いという意見もあり、聞いてみると発表されたアルバム全部いいので、甲乙つけられないというのが真相ではないかとにらんでいます。

真剣に聞き込まなくて、とにかく気持ちのいい音楽なので、ぜひBGMとして流してください。きっと熱くてハッピーな夏を盛り上げてくれると思います。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

おすすめの記事