海と街と音楽とVol.65 Serge Gainsbourg おフランスのレゲエに酔う

Serge Gainsbourg / Aux Armes Et Cætera (1979)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回は、セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のフライ・トゥ・ジャマイカ(Aux Armes Et Cætera)をご紹介します。

いやぁ、セルジュ・ゲンズブールですよ。かっこいいです。あのエルメスのバーキンでおなじみのジェーン・バーキン(Jane Birkin)のパートナーで、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)のお父さん。フランスの元祖アイドルのフランス・ギャル(France Gall)の夢見るシャンソン人形(Poupée De Cire, Poupée De Son)やフランスの元祖セクシー女優ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)との超問題作デュエットのジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(Je T'aime... Moi Non Plus)を作った人、などなど紹介したいエピソードは数知れず。
とにかく、無精ひげのダンディで、きわどい事をさらりと言ったりするのにモテモテで、不良オヤジの見本みたいな才人です。

で、そのセルジュ・ゲンズブールがぶちかましたのが、このレゲエ・アルバム。ジャマイカで録音していて、スライ&ロビー(Sly and Robbie)やリタ・マーリー(Rita Marley)も参加している本格的なレゲエです。

レゲエなのに歌詞がフレンチなので、すごくおしゃれに聞こえるという、ちょっと卑怯な曲が並んでます。

注目は原題のアルバムタイトにもなっている祖国の子供たちへ(Aux armes et cætera)。フランス国歌ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise)の歌詞の一部が引用されていて、右翼から非難されたといういわく付きの曲です。

1979年てイギリスでパンク・ニューウェーブが盛り上がっている年で、そこにレゲエ・アルバムをぶつけてくるなんて、本当に時代感覚があって、かっこいいオヤジです。

深掘りするといろいろおもしろいのですが、そんなこと無視して楽しめるのもレゲエのいいところ。ぜひぜひ海のお供にどうぞ。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいセルジュ・ゲンズブール16選

【Serge Gainsbourg 01】
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(Je T'aime... Moi Non Plus)。これはセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)とジェーン・バーキン(Jane Birkin)のデュエット。名曲中の名曲。

【Serge Gainsbourg 02】
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(Je T'aime... Moi Non Plus)のセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)&ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)バージョン。大人のエロス。

【Serge Gainsbourg 03】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)手切れ(je suis venu te dire)。これはジェーン・バーキン(Jane Birkin)も歌っていました。

【Serge Gainsbourg 04】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のブラック・トロンボーン(Black Trombone)。ジャジーでめちゃかこいい。

【Serge Gainsbourg 05】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のラ・ジャヴァネーズ(La Javanaise)。すてきすぎる。もう、めろめろ。

【Serge Gainsbourg 06】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のクルー・カフェ(Couleur Cafe)。おしゃれ番長一直線。

【Serge Gainsbourg 07】
海で聴きたいセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のニューヨーク・ユーエスエー(New York USA)。ラテンなノリです。

【Serge Gainsbourg 08】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のイニシャル・ビービー(Initials B.B.)。BBとはブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)のことです。

【Serge Gainsbourg 09】
ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)のハーレー・ダビッドソン(Harley Davidson)。このかっこよさは、もちろんセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の曲です。

【Serge Gainsbourg 10】
フランス・ギャル(France Gall)の夢見るシャンソン人形(Poupée De Cire, Poupée De Son)。セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の曲。かわいくって、かっこいい。

【Serge Gainsbourg 11】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)とジェーン・バーキン(Jane Birkin)のデカダンス(La Decadanse)。エロくてスマートで、すごい曲だ。

【Serge Gainsbourg 12】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)と大女優カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)のデュエット、神様はハバナタバコが大好き(Dieu est un fumeur de havanes)。数分の曲なのに、すげぇ、まるでドラマだ。

【Serge Gainsbourg 13】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のソーリー・エンジェル(Sorry Angel)。いやしかし、どの曲もかっこいいな。


【Serge Gainsbourg 14】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)とシャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)のレモン・イノセント(Lemon Incest)。禁断の親子○○デュエット。

【Serge Gainsbourg 15】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)のユー・アー・アンダー・アレスト(You're Under Arrest)。大人なヒップホップで、すてき。

【Serge Gainsbourg 16】
セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)馬鹿者のためのレクイエム(Requiem pour un con)。ジャジーでファンキー。最後まですごい漢だ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事