奄美大島

Aphex Twin / Selected Ambient Works 85-92 (1992)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回は、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のセレクテッド・アンビニエント・ワークス85-92(Selected Ambient Works 85-92)をご紹介します。

エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェームス(Richard D. James)の初期のアンビニエント作品を集めたアルバム。エイフェックス・ツインの音はハードなテクノでビコビコ攻撃的な印象があるかもしれませんが、ここで聴けるのは優雅で、とろけるような音。

夕暮れが近づいてきたビーチ、風に涼しさが混じるようになってきて、あまりに気持ち良くてついうとうとしてしまった…なんてシチュエーションがはまる音です。

そもそもリチャード・D・ジェームスはテクノ・モーツァルトなんて呼ばれていまして、天才的に美しい曲を奏でる人です。きれいきれいなだけじゃなくて、振り幅もすごくてカム・トゥ・ダディ(Come To Daddy)のような凶暴な曲もさらっと作れたりします。
それでいてひねくれ者で、水着のおねえちゃんのナイスボディに自分のおっさん顔をコラージュしたり、セイント・エティエンヌ(Saint Etienne)の曲をリミックスすると一番の特徴のサラの声を外したり、何て事をしたりしますし。

どのくらい天才かというとアナログ楽器だけでテクノを演奏したコンピュータ・コントロールド・アコースティック・インスツルメンツ・パート2・EP(Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP)を聴いてもらえればわかります。生楽器なのにきちんとテクノになっているところが天才たるゆえんですね。

エイフェックス・ツインは静と動が入り乱れていますので、静が好きな方は動は苦手かも。そんな静好きな方はアンビニエント系の曲ばかりを集めた2枚組のセレクテッド・アンビニエント・ワークス・ボリューム2(Selected Ambient Works Volume II)もありますので、こちらもぜひどうぞ。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー

おまけ:海で聴きたいエイフェックス・ツイン16選

【Aphex Twin 01】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のアヴリル14th(Avril 14th)。ただひたすら美しいだけ。

【Aphex Twin 02】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のルバーブ(Rhubarb)。昼と言うより早朝な感じかなぁ。いやぁ、いい曲です。

【Aphex Twin 03】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のナノウ2(Nanou2)。脱力します。いい意味で。頬もゆるむ音。

【Aphex Twin 04】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のaisatsana [102]。ピアノです。美しい旋律。何も言うことなし。

【Aphex Twin 05】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のジャスト・フォール・アズリープ( Just Fall Asleep)。朝なのに眠くなっちゃう。

【Aphex Twin 06】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のストーン・イン・フォーカス(Stone In Focus)。いや、風呂入りたくなった、本当に。

【Aphex Twin 07】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のフィンガービブ(Fingerbib)。MVが銀座の街。気持ち悪い男はリチャード節というか、彼のテイストなので、ご愛敬。

【Aphex Twin 08】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のフリム(Flim)。リズムがからんでもメロディの美しさに影響なし。

【Aphex Twin 09】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のカム・トゥ・ダディ(Come To Daddy)。アンビニエントの反対側。イジワルだらけ。心臓の悪い人は聴かないように。

【Aphex Twin 10】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のウインドウリカー(Windowlicker)。これもアンビニエントの裏側。悪意に満ちてます。よい子は見ないでね。

【Aphex Twin 11】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のイズ・アス(Iz us)。う〜む、ここではないどこかに連れて行ってくれそうな音だ。

【Aphex Twin 12】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のカーテンズ(Curtains)。不思議の国に迷い込みそうだ。

【Aphex Twin 13】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のライチェン(Lichen)。私は心が洗われましたが、なにか?

【Aphex Twin 14】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のdiskhat1。アコースティックでこの音出すなんて、本当にすげぇぇぇ。

【Aphex Twin 15】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のクリスマス・イベント10(XMAS_EVET10 [120])。クリスマスらしくはないけど、いい曲だ。

【Aphex Twin 16】
エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のオン(On)。やっぱリチャード・D・ジェームスって天才なんだな。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事