海と街と音楽とVol.37 Penguin Cafe Orchestra ペンギンのオーケストラがやってきた

Penguin Cafe Orchestra / Penguin Cafe Orchestra (1981)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)の2ndアルバムであるペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)をご紹介します。

バンド名もジャケットもいい感じだと思いますが、音の方も裏切りません。ポップな室内楽とでも言えばいいのでしょうか、クラシックな感じだけど、畏まっていなくって、透明感というか空気感を感じさせてくれる音。耳障りもよく、当時は最先端おしゃれ音楽としてもてはやされましたね。

とはいえ、ペンギン・カフェ・オーケストラのデビューはブライアン・イーノ(Brian Eno)のオブスキュア(Obscur)という実験的なクラシック・レーベルでして、単なるおしゃれ音楽バンドじゃないんですよ。

イーノといえばアンビニエント・ミュージック(ambient music)。環境音楽と訳されていて、人の会話や思考を邪魔しない鳥の鳴き声や風の音のような音楽という定義で、例えば空港で流すための音楽ミュージック・フォー・エアポート(Music for Airports)なんてアルバムがあります。1つのジャンルになっていて、ハウス・ミュージックと組み合わさってアンビニエント・ハウスという派生ジャンルまで生まれたりしました。で、そのアンビニエントの元になったというか、種的な存在だったのがオブスキュアから出たアルバムなんです。

話が長くなりました、要はペンギン・カフェ・オーケストラの音はそうした流れから出てきた前衛的な音なのですが、それをポップに鳴らすというすごい着地点を見つけたバンドだと言いたかった訳です。

ローリー・アンダーソン(Laurie Anderson)はパフォーマンスがメインだけど、その曲オー・スーパーマン(O Superman)が聞きやすくてヒットしたみたいな感じ? もしくは前衛音楽家の大友良英があまちゃんのテーマ曲書いたみたいな感じ? …う〜む、どっちもわかりにくいな。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいPenguin Cafe Orchestra 16選

【Penguin Cafe Orchestra 01】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のペンギン・カフェ・シングル(Penguin Cafe Single)。クラシックでもポップスでも現代音楽でもない、彼らにしか出せない音。

【Penguin Cafe Orchestra 02】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のエアー・ダンサー(Air À Danser)。まさに風のように軽やかな調べ。

【Penguin Cafe Orchestra 03】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のテレフォン・アンド・ラバー・バンド(Telephone And Rubber Band)。実際に電話の音が使われてます。

【Penguin Cafe Orchestra 04】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のカッティング・ブランチーズ・フォー・ア・テンポラリー・シェルター(Cutting Branches For A Temporary Shelter)。反則と言えるぐらい和む音。

【Penguin Cafe Orchestra 05】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のヨーデル・ワン(Yodel 1)。反復されて反復されて、気持ちよくなっていく。

【Penguin Cafe Orchestra 06】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のヨーデル・ツー(Yodel 2)。曲調もそうだけど、音色がかわいいんだよね。

【Penguin Cafe Orchestra 07】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のポールズ・ダンス(Paul's Dance)。とっても心地よい、羽のように軽い音。

【Penguin Cafe Orchestra 08】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のナンバーズ・ワン・トゥー・フォー(Numbers 1-4)。民族音楽的な要素が入っても泥臭くならないのがすごいよね。

【Penguin Cafe Orchestra 09】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のザ・サウンド・オブ・サムワン・ユー・ラヴ・フーズ・ゴーイン(The Sound Of Someone You Love Who's Going Away And It Doesn't Matter)。タイトル通りの曲。

【Penguin Cafe Orchestra 10】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のバードウォッチング・イン・サイレント・フォレスト (Birdwatching in Silent Forest)。コーネリアス(Cornelius)のカバーだけど違和感全くない。

【Penguin Cafe Orchestra 11】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のスケルツォ・アンド・トリオ(Scherzo and Trio)。こういう盛り上がり方する曲も好き。

【Penguin Cafe Orchestra 12】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のパーペテューム・モービル(Perpetuum Mobile)。ピアノの反復がクセになります。

【Penguin Cafe Orchestra 13】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のミュージック・フォー・ア・ファウンド・ハーモニウム(Music For A Found Harmonium)。これも好きな曲です。

【Penguin Cafe Orchestra 14】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のソラリス(Solaris)。息子に代になっても、すてきな音です。

【Penguin Cafe Orchestra 15】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のビーンフィールド(Beanfields)。だいぶ楽しい感じで、これもまた良し。

【Penguin Cafe Orchestra 16】

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)のコラ・コラ(Kora Kora)。ピアノが笑ってるみたい。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事