海と街と音楽とVol.31 Quantic 世界は気持ちよく踊るためにできている

Quantic / Magnetica (2014)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はクァンティック(Quantic)のマグネティカ(Magnetica)をご紹介します。

クアンティックというのは天才音楽家と言われているウィル・ホランド(Will Holland)のバンド(?)名で、音は大ざっぱに言うとクラブミュージック。エレクトロニックなダンスミュージックというジャンルに分類されると思うのですが、ここで聞ける音はもっと有機的です。エレクトロニックな音に、レゲエとかラテンのフレーバーがミックスされていまして、都市型民族音楽とでも呼べるような立ち位置を確立しています。

これって海と街とのコンセプトに近いなぁと思うのです。
元々海と街とは「海と街とをつなげる」というのをコンセプトにしていまして、都市生活がもっと気軽に海に遊びに行って欲しいといのが目的の1つにあります。ガイガリのネイチャー派からは「甘っちょろい」と言われ、都会派からは「プールならね・・・」と敬遠される状況を、なんとかしたいなぁと。

で、クアンティックですが、都市で聞けば大自然のグルーブや癒やしが感じられるし、海で聞けばさわやかな都市のクールネスが感じられるという感じ。海と街とが目指しているのも、こんなポジションですね。

ポイントは気持ちいいかどうか、だと思うのです。クアンティックはビーチだろうが、ストリートだろうが、気持ちよく踊っていられる。理屈はどうでもよくって、体が自然と動く。

こりゃ、かっこいい。

ザ・クァンティック・オーケストラ(the Quantic Soul Orchestra)、クァンティック&ヒズ・コンボ・バーバロ(Quantic & His Combo Barbaro)、クァンティック・プレゼンタ・フラワリング・インフェルノ(Quantic presenta Flowering Inferno)などなど、様々な名義で作品を発表するところも現代(いま)っぽいですよね。しかも全ておいて作品のクオリティは高いと来ている。
この作品毎にベストになるよう、つまらない体裁を気にしない柔軟さも、ぜひ見習いたいところです。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいQuantic 16選

【Quantic 01】

クアンティック(Quantic)のタイム・イズ・ザ・エネミー(Time Is The Enemy)。ダンサブルなのに癒やし系という、個人的に好きな傾向の曲。たそがれます。

【Quantic 02】

クアンティック(Quantic)のスーパー・エイト(Super 8)。スーパーエイトというのは昔あった8mmのムービーフィルムのこと。動画もスマホで撮れてしまう今となってはエモい存在。曲調もちょい古めのファンキー。

【Quantic 03】

クアンティック(Quantic)のソル・クラップ(Sol Clap)。ラテンアメリカのフォルクローレを洗練させるとこんなダンスミュージックになるんですね。

【Quantic 04】

クアンティック(Quantic)のクンビア・ソブレ・エル・マール(Cumbia Sobre el Mar)。昔の歌らしいが、めちゃくちゃ気持ちいい。

【Quantic 05】

クアンティック(Quantic)のリンダ・モレーナ(Linda Morena)。演っている方も、聴いている方も楽しいって、こういうことか。

【Quantic 06】

クアンティック(Quantic)のフー・ノウズ(Who knows)。英語の歌詞だとわかりやすく聞こえるって、不思議だ。

【Quantic 07】

クアンティック(Quantic)のミ・スイング・エス・トロピカル(Mi Swing Es Tropical)。こりゃトロピカル・ダンスミュージックの傑作ですな。

【Quantic 08】

クアンティック(Quantic)のケ・メ・デュエロ(Que Me Duele?)。なんか、ずっと聴いていられる。

【Quantic 09】

クアンティック(Quantic)のサムバディズ・ゴナ・ラブ・ユー(Somebody's Gonna Love You)。アリス・ラッセル(Alice Russell)のヴォーカルがガツンと来る。

【Quantic 10】

クアンティック(Quantic)のドント・ジョーク・ウィズ・ア・ハングリー・マン(Don't Joke With a hungry man)。スパンキー・ウィルソン(Spanky Wilson)のヴォーカルがかっこいい。

【Quantic 11】

クアンティック(Quantic)のアン・カント・ア・ミ・ティエラ(Un Canto a Mi Tierra)。ダンサブルなリズムの中のけだるいラッパがポイント。

【Quantic 12】

クアンティック(Quantic)のラ・プラタ(La Plata)。ブエノスアイレスの州都だって。行ってみたい。

【Quantic 13】

クアンティック(Quantic)のムエヴェロ・ニグロ (Muévelo Negro)。反復リズムとやさしいヴォーカルの心地よさが抜け出せなくなりそう。

【Quantic 14】

クアンティック(Quantic)のテ・ピコ・エリ・ヤイビ(Te Pico el Yaibi)。南米の親戚の結婚式に呼ばれたら、こんな感じ?

【Quantic 15】

クアンティック(Quantic)のエル・ヤーヘ(El Yagé)。まぁまぁ、ここはお茶でも飲みながら、まったり。

【Quantic 16】

クアンティック(Quantic)のルック・アラウンド・ザ・コーナー(Look Around the Corner)。夏の午後、ビーチサイドの木陰でウトウトしながら聴きたい。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事