海と街と音楽とVol.27 Fatboy Slim 同じアホなら踊らにゃ、損、損

Fatboy Slim / Palookaville (2004)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のパルーカヴィル(Palookaville)をご紹介します。

ビッグ・ビートの名盤と言われているアルバムです。ビッグ・ビートがいまいちわかっていないのですが、ケミカル・ブラザース(The Chemical Brothers)とかプロディジー(The Prodigy)が分類されているので、ロック寄りのテクノと私は勝手に解釈しています。

ファットボーイ・スリムはノーマン・クック(Norman Cook)のソロプロジェクトなのですが、そのノーマン・クックは1980年代にイギリスで人気だった元ハウスマーティンズ(The Housemartins)。ハウスマーティンズはアコースティック系のお洒落音楽だったので、まさかダンス・ミュージックに走るとは思いませんでした(実際、他のメンバーはアコースティックなビューティフル・サウス(the Beautiful South)を結成したし)。

ビーツ・インターナショナル(Beats International)のダブ・ビー・グッド・トゥ・ミー(Dub Be Good To Me)も売れたし、ファットボーイ・スリムは、ロンドンオリンピックの閉会式でパフォーマンスするほどメジャーな存在になったので、ノーマン・クックの選択は正しかったのだと思いますが。

音の方は、気持ちのいいダンス・ミュージックです。アルバムタイトルのPalookavilleは「アホの村」みたいな意味ですから、小難しいこと考えずに、アホになって踊ろうという感じですかね。

夏ですからね。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいFatboy Slim 16選

【Fatboy Slim 01】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のゴーイング・アウト・オブ・マイ・ヘッド(Going Out Of My Head)。PVに巨大ラジカセが登場するところが時代を感じさせます。

【Fatboy Slim 02】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のロッカフェラー・スカンク(Rockafeller Skank)。メジャーブレイク作。今聴いてもかっこいいね。

【Fatboy Slim 03】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のギャングスター・トリッピン(Gangster Trippin')。改めて思うけど曲がハッピーなのが真骨頂だな。

【Fatboy Slim 04】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のプレイズ・ユー(Praise You)。全英No.1になった代表曲の1つ。

【Fatboy Slim 05】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のライト・ヒア ライト・ナウ(Right Here, Right Now)。ええっと…単純にかっこよくて、好き。

【Fatboy Slim 06】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のデーモンズ(Demons)。メイシー・グレイ(Macy Gray)のハスキーヴォイスがたまらなくいい。

【Fatboy Slim 07】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のウェポン・オブ・チョイス(Weapon Of Choice)。クールなクリストファー・ウォーケン(Christopher Walken)が踊りまくるPVがたまらない。

【Fatboy Slim 08】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のヤー・ママ(Ya Mama)。踊らずにはいられません。

【Fatboy Slim 09】

ノーマン・クック(Norman Cook)がファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)の前にやってたビーツ・インターナショナル(Beats International)のダブ・ビー・グッド・トゥ・ミー(Dub Be Good To Me)。歴史的名曲。

【Fatboy Slim 10】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のイート・スリープ・レイヴ・リピート(Eat, Sleep, Rave, Repeat)。食べて、寝て、踊っての繰り返し。

【Fatboy Slim 11】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のスラッシュ・ドット・ダッシュ(Slash Dot Dash)。「/.'./.com」というフレーズが頭から離れない。

【Fatboy Slim 12】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のワンダフル・ナイト(Wonderful Night)。これ聴きながら、今夜をすばらしい夜にしょう。

【Fatboy Slim 13】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のジョーカー (The Joker)。スティーブ・ミラー・バンド(the Steve Miller Band)のカバー。

【Fatboy Slim 14】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のドント・レット・ザ・マン・ゲット・ユー・ダウン(Don't Let The Man Get You Down)。ファイブ・マン・エレクトリカル・バンド(Five Man Electrical Band) のサインズ(Signs)がサンプリングされてて、原曲よりかっこいいかも。

【Fatboy Slim 15】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のレディオアクティビティ(Radioactivity)。もちろんクラフトワーク(Kraftwerk)の名曲カバー。

【Fatboy Slim 16】

ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)のプリーズ・ドント(Please Don't)。デヴィッド・バーン(David Byrne)といっしょにやってるので、ちょっとトーキングヘッズ(Talking Heads)っぽい。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事