ハテの島
レゲエが似合う島


Bob Marley & The Wailers / Natty Dread(1974)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はレゲエ。
レゲエといえばボブ・マーリー(Bob Marley)を避けては通れません。

ボブ・マーリーのアルバムはどれも外れなしだと思います。名盤としてライブ(Live!)が名高いのですが、あえてナッティ・ドレッド(Natty Dread)を押します。なにせ超名曲のノー・ウーマン・ノー・クライ(No Woman No Cry)が収録されていますから。

レゲエというと夏に欠かせないお気軽音楽みたいなイメージがあるかもしれませんが、元々は英国領だったジャマイカ発祥でラスタ思想とかバビロン解放とかなかなかに重いものを背負っていまして、それがイギリスに渡るとパンク/ニューウエイブと結びついて、トンガった音として盛り上がります。

クラッシュ(The Clash)のポリスとコソ泥(Police & Thieves)とかハマースミス宮殿の白人(White Man in Hammersmith Palais)、エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)のウォッチング・ザ・ディテクティヴス(Watching The Detectives)とかレゲエ・リスペクト曲ですし。ポリスなんてアルバム名が白いレガッタ(Reggatta de Blanc)=白いレゲエだし、スペシャルズ(The Specials)はスカだし、UB40というレゲエバンドまで誕生するし。

ボブ・マーリーのアルバムは初期の方がザラザラしていて、パンク/ニューウエイブ好きにはそちらを。
後期になるほどポップに洗練されてくるので、ビーチサイドで流している分には、アップライジング(UPRISING)とかコンフロンテイショ(CONFRONTATION)とかの方が心地よいかもしれません。

暑い日にビーチサイドでコロナとかオリオンとか飲みながらレゲエ。あぁ、夏が待ち遠しい。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー

おまけ:海で聴きたいBob Marley 16選

【Bob Marley 01】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のジャッジ・ノット(Judge Not)。1962年にボブ・マーリーが初めて出したシングル。この頃はまだスカ(Ska)ですね。髪もドレッドじゃないぞ!

【Bob Marley 02】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のシマー・ダウン(Simmer Down)。ウェイラーズ(The Wailers)名義の最初のシングル。ジャマイカでNo.1のヒット。

【Bob Marley 03】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のスティア・イット・アップ(Stir It Up)。甘〜い感じがたまらんです。

【Bob Marley 04】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のコンクリート・ジャングル(Concrete Jungle)。思い出すのは大都会と東京砂漠。

【Bob Marley 05】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のゲット・アップ・スタンド・アップ(Get Up, Stand Up)。戦ってます。ロックも、パンクも、レゲエも戦わないとね。

【Bob Marley 06】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のアイ・ショット・ザ・シェリフ(I Shot the Sheriff)。クラプトン(Eric Clapton)がカバーして全米No.1になった曲。

【Bob Marley 07】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のルーツ・ロック・レゲエ(Roots, Rock, Regga)。レゲエ版のロング・リブ・ロック(Long Live Rock)ですね。

【Bob Marley 08】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のエクソダス(Exodus)。旧約聖書にある出エジプト記のこと。

【Bob Marley 09】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のターン・ユアー・ライツ・ダウン・ロウ(Turn Your Lights Down Low)。ローリン・ヒル(Lauryn Hill)とのリミックス・デュエット・バージョン。

【Bob Marley 10】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のサン・イズ・シャイニング(Sun Is Shining)。ロビン・シュルツ(Robin Schulz)のリミックス・バージョン。

【Bob Marley 11】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のワン・ラブ(One Love)。こういう大きなメッセージが似合うアーティストでしたね。

【Bob Marley 12】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のイズ・ディス・ラブ(Is This Love)。甘いラブソングもボブの真骨頂だね 。

【Bob Marley 13】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のバッファロー・ソルジャー(Buffalo Soldier)。ボブが亡くなってから発売された曲。リアルタイムで聴きました。

【Bob Marley 14】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のレデンプション・ソング(Redemption Song)。これは大好きな名曲。アコースティックなのも、すごくいい。

【Bob Marley 15】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のスリー・リトル・バーズ(Three Little Birds)。多幸感あふれる歌。ほんわりします。

【Bob Marley 16】

ボブ・マーリー(Bob Marley)のノー・ウーマン・ノー・クライ(No Woman, No Cry)。もしかしてボブの一番有名な歌。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事