海と街と音と

Echo & The Bunnymen / Ocean Rain (1984)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。
今回はエコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のオーシャンレイン(Ocean Rain)を紹介します。

このオーシャンレインはエコー&ザ・バニーメン(通称エコバニ)の4枚目のアルバム。オーケストラの音とかが入って、完成度も高く、個人的には最高傑作だと思っています。
これまでネオ・サイケの最前線を走っていたエコバニのレスキュー(Rescue)とかバック・オブ・ラブ(Back Of Love)とかのヒリヒリするような緊張感が好きな人にはもの足りないかも知れませんが…。

聴き所はもちろんキリングムーン(Killing Moon)です。名曲です。泣けます。すごく広がっていく感じが、たまりません。

夏でも、パリピでもありませんが、これも海の音ですね。すごくさわやかな潮風が吹いている海。碧の洞窟のような神秘的な世界の中へ漕ぎ出した時の海。もしくは波の静かなときにボートで昼寝している海。

聴きながら飲みたいのは、ビールというより、レモンをぎゅっと絞ったジントニックとか、かな。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいEcho & The Bunnymen16選

【Echo & The Bunnymen 01】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のレスキュー(Rescue)。キレキレのすばらしい音。

【Echo & The Bunnymen 02】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のア・プロマイズ(A Promise)。かっこよすぎるでしょう。向かうところ敵なしって感じ。

【Echo & The Bunnymen 03】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のバック・オブ・ラブ(The Back Of Love)。さらに突き抜けました。魂がふるえるかっこよさ。

【Echo & The Bunnymen 04】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のザ・カッター(The Cutter)。バック・オブ・ラブと双璧をなすかっこよさ。

【Echo & The Bunnymen 05】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のネヴァー・ストップ(Never Stop)。バニーメンからのダンス・ミュージックへの回答。一番好きな曲かも。

【Echo & The Bunnymen 06】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のブリング・オン・ザ・ダンシング・ホーセズ(Bring on The Dancing Horses)。これも心に染みる名曲。

【Echo & The Bunnymen 07】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のザ・ゲーム(The Game)。いい意味で成熟してきた。

【Echo & The Bunnymen 08】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のリップス・ライク・シュガー(Lips Like Sugar)。砂糖みたいって、どんだけ甘い口づけなんだ。

【Echo & The Bunnymen 09】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)がケー・エル・エフ(The KLF)のホワット・タイム・イズ・ラブ(What Time Is Love?)をリミックス。こんなの初めて知った。

【Echo & The Bunnymen 10】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のオン・トップ・オブ・ザ・ワールド((How Does It Feel to Be) On Top of the World)。スパイス・ガールズ(The Spice Girls)などと一緒にワールドカップ応援歌。

【Echo & The Bunnymen 11】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のピープル・アー・ストレンジ(people are strange)。ドアーズ(The Doors)のカバー。

【Echo & The Bunnymen 12】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のナッシング・ラスツ・フォーエヴァー(Nothing Lasts Forever)。再結成して大人になって戻って来た。

【Echo & The Bunnymen 13】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のアイ・ウォント・トゥ・ビー・ゼア(I Want To Be There (When You Come))。軽快で気持ちいい曲。

【Echo & The Bunnymen 14】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のルスト(Rust)。こんなに優しい歌が歌えるようになったんだねイアン。

【Echo & The Bunnymen 15】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のセブン・シーズ(Seven Seas)。なぜか女装するイアンがかわいい。曲もかわいいけど。

【Echo & The Bunnymen 16】

エコー&ザ・バニーメン(Echo & The Bunnymen)のキリング・ムーン(Killing Moon)。名曲中の名曲中の名曲。月夜のビーチで、じっくり聴きたい。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事