海と街と音楽とVol.5 Antonio Carlos Jobim ジョビンに誘われてイパネマ海岸へ

Antonio Carlos Jobim / Wave(1967)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

そろそろ夏が恋しくなってきませんか? というわけで今回は夏の海のBGMの定番ともいえるアントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)の波(Wave)をご紹介します。

ジョビンはボサノヴァを創生したと言われているブラジルの音楽家。一番有名な曲はたぶんイパネマの娘(The Girl from Ipanema)で、カバーも多いので聴いたことがあるかもしれません。

この波というアルバムには、残念ながらイパネマの娘は収録されていませんが、アルバムタイトルにもなった波や赤いブラウス(The Red Blouse)など、誰もが一度は耳にしたことがあるボサノヴァのスタンダードが並んでいます。ヴォーカルなしのイントルメンタル・アルバムですが、「究極のイージーリスニング音楽」と呼ばれるだけあって、聴いていて飽きることがありません。

大人っぽくて、ゴージャスな感じは、リゾートビーチでカクテルなんか飲む際にぴったり。でもって、アロハシャツと短パンではなく、麻のスーツとかが似合いそう。

ちなみにリオ・デ・ジャネイロのガレオン空港は、ジョビンの死後アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港と改名されたそうです。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいAntonio Carlos Jobim16選

【Antonio Carlos Jobim 01】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のブラジル(Brazil)。聴けば聴くほどブラジルに行きたくなるね。

【Antonio Carlos Jobim 02】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)の瞑想(Meditação)。目を閉じて、静かに耳を傾けましょう。

【Antonio Carlos Jobim 03】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のおいしい水(Agua De Beber)。おいしい水を飲んだときのような、気持ちの良いおいしい曲。

【Antonio Carlos Jobim 04】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のコルコバード(Corcovado)。英語名はQuiet Nights of Quiet Starsです。

【Antonio Carlos Jobim 05】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のシェガ・ジ・サウダージ(Chega de saudade)。想いあふれて、という邦題もついてます。

【Antonio Carlos Jobim 06】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のフェシネーティング・リズム(Fascinating Rythm)。ガーシュウィンの曲。

【Antonio Carlos Jobim 07】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のファヴェーラ(Favela)。スラムという意味らしいですが、それにしては美しい調べ。

【Antonio Carlos Jobim 08】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のセイ・ラ(Sei Lá... A Vida Tem Sempre Razão)。人生はいつも正しいかどうか、わからない。

【Antonio Carlos Jobim 09】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のイパネマの娘(The Girl From Ipanema)。歌っているのはアストラッド・ジルベルト(Astrud Gilberto)。

【Antonio Carlos Jobim 10】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のイパネマの娘(The Girl From Ipanema)。こちらはフランク・シナトラ(Frank Sinatra)バージョン。

【Antonio Carlos Jobim 11】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のあなたの瞳の輝き(Pela Luz dos Olhos Teus)。ミウーシャ(Miúcha)とデュエット。

【Antonio Carlos Jobim 12】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のチルドレンズ・ゲーム(Children's Games)。う〜む、大人の風格。

【Antonio Carlos Jobim 13】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のストーン・フラワー(Stone Flower)。やっぱボサノヴァって和みますね。

【Antonio Carlos Jobim 14】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のハウ・インセシティブ(How Insensitive)。歌っているのはスティング(Sting)。

【Antonio Carlos Jobim 15】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のデサフィナード(Desafinado)。盟友でもあるジョアン・ジルベルト(João Gilberto)と演ってます。

【Antonio Carlos Jobim 16】

アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)の波(Wave)。ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)とコラボ。海辺のホテルのテラスでお酒が飲みたくなります。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事