海と街と音楽とVol.4 The Beatles こどもといっしょにイエローサブマリン

The Beatles / Yellow Submarine(1999)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はビートルズ(The beatles)なのですが、お題はイエロー・サブマリン〜ソングトラック〜(Yellow Submarine Songtrack)です。

数あるビートルズのアルバムの中でも、なにかと評判の悪いイエロー・サブマリンですが、このソングトラックは、1969年発売のオリジナルのサウンドトラックとは違ってビートルズの楽曲のみで構成されています(1999年に発売されたリミックス・アルバムです)。オリジナルはB面(CDだと後半)がジョージ・マーティン(George Martin)のオーケストラ曲で損した気分になりましたが(「ビートルズを買ったのにビートルズ以外が半分ある」という意味です。決してジョージ・マーティンをディスっているわけではありません)、これはビートルズの楽曲だけで満足度高し。

アルバムタイトルになっているイエロー・サブマリン(Yellow Submarine)の他、オール・トゥギャザー・ナウ(All Together Now)とか愛こそすべて(All You Need Is Love)などのこどもと一緒に歌えるキラーチューンも収録されています。

音楽もいいのですがイエロー・サブマリンは映画の方も最高です。
ビートルズ映画というとリチャード・レスター(Richard Lester)が監督したビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!(A Hard Day's Night)やヘルプ!4人はアイドル(Help!)が思い浮かぶかもしれませんが、映画のイエロー・サブマリンはアニメです。
当初は子度向けの幼稚な映画と勘違いされていたようですが、できあがってみればサイケデリックで、シュールで、エンターテイメントで、陽気で、シニカルで…。ビートルズの良いところが凝縮しているような感じの大傑作。何度見ても、飽きません。

こちらもこどもといっしょにどうぞ。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいビートルズ16選

【The Beatles 01】
ビートルズ(The Beatles)のヒアー・カムズ・ザ・サン(Here Comes The Sun)。いやぁ、なごみます。こんなときこそビートルズですね。

【The Beatles 02】
ビートルズ(The Beatles)のカム・トゥギャザー(Come Together)。いや、もう単純にかっこいい。

【The Beatles 03】
ビートルズ(The Beatles)のオブラディ・オブラダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)。こどもといっしょに、どこ行こう。

【The Beatles 04】
ビートルズ(The Beatles)のストロベリー・フィールズ・フォエバー(Strawberry Fields Forever)。多幸感溢れる音。みんなでしあわせな気分になりましょう。

【The Beatles 05】
ビートルズ(The Beatles)のホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(While My Guitar Gently Weeps)。泣けます。やっぱりジョージ・ハリソン(George Harrison)も才能の人でしたね。

【The Beatles 06】
ビートルズ(The Beatles)のペニー・レーン(Penny Lane)。リバプールにある通りの名前です。みんなでほっこりしましょう。

【The Beatles 07】
ビートルズ(The Beatles)のオール・マイ・ラビング(All My Loving)。改めて聴くとコンパクトでキレがあってさわやかな曲ですね。

【The Beatles 08】
ビートルズ(The Beatles)のレディー・マドンナ(Lady Madonna)。自然と笑顔になれますね。

【The Beatles 09】
ビートルズ(The Beatles)のサムシング(Something)。泣きのメロディになるとジョージは天才だね。

【The Beatles 10】
ビートルズ(The Beatles)のアクロス・ザ・ユニバース(Across The Universe)。ジョンは、声もいいよね。

【The Beatles 11】
ビートルズ(The Beatles)のノルウェジアン・ウッド(Norwegian Wood)。ノルウェーの森。ノルウェーの家具という説もあるけど、どっちなんでしょう?

【The Beatles 12】
ビートルズ(The Beatles)のヘイ・ジュード(Hey Jude)。ジュードとはジョンの息子のジュリアン・レノン(Julian Lennon)のこと。ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の愛情が感じられます。

【The Beatles 13】
ビートルズ(The Beatles)のレット・イット・ビー(Let It Be)。どんなときも、あるがままに。心強い歌ですね。

【The Beatles 14】
ビートルズ(The Beatles)のガール(Girl)。やっぱりジョンの作る曲はすごいなぁ。

【The Beatles 15】
ビートルズ(The Beatles)のヒアー・ゼアー・アンド・エブリウェア(Here, There And Everywhere )。やさしい気持ちになれます。

【The Beatles 16】
ビートルズ(The Beatles)のフリー・アズ・ア・バード(Free As A Bird)。ジョンの未発表曲を残りのメンバーで完成させたビートルズの最終新曲。素直にいい曲です。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事