海と街と音楽とVol.1 The Beach Boys とりあえずビーチボーイズ。聴かず嫌いはいけません

The Beach Boys/Pet Sounds(1966)

 

こんにちは。海と街との代表の加藤です。スタッフがそれぞれに海との関わりなどを綴っていこうということになりまして、私は海で聴きたい音楽、もしくは海を思いうかべる音楽を紹介していくことにしました。

いろいろあると思うのですが、記念すべき第1回なので、海といえば鉄板のビーチボーイズ(The Beach Boys)から。

一番有名な曲がサーフィンUSA(Surfin’ USA)なので、ビーチボーイズを「サーフィンとクルマと女の子」だけのバンドと思っている人も多いかも知れませんが、けっこう奥が深いんですよ、このバンド。おすすめのペットサウンズ(Pet Sounds)は誰もが愉しめる名盤で、明るく楽しい曲の間に、哀愁やらたそがれやらが漂っていて、何度聞いても飽きません。

個人的にはビーチボーイズの最高傑作はグッドバイブレーション(Good Vibration)だと思うのですが、この曲が収まるはずのスマイル(Smile)というアルバムが未完成で終わり、代わりに発売されたスマイリースマイル(Smiley Smile)がオシイ感じなので、アルバム通して聴くにはペットサウンズで間違いないでしょう。

ビートルズ(The Beatles)がラバーソウル(Rubber Soul)からリボルバー(Revolver)、サージェントペパーズ(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)という神がかり的な革新サウンドを出してきたがため、それに対抗すべくビーチボーイズの中心人物だったブライアン・ウイルソン(Brian Wilson)が四苦八苦した結果挫折したという曰く付きの幻の名盤スマイルは、ブライアンがソロで完成させたので(37年後の2004年にやっと)、興味のある方は、ぜひそちらも。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤 才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。
ーーーーーーーー
おまけ:海で聴きたいビーチボーイズ16選

【The Beach Boys 01】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のサーフィン・ユー・エス・エー(Surfin' U.S.A. )。今すぐにでも、海行きたいねぇ。

【The Beach Boys 02】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のサーフィン・サファリ(Surfin' Safari)。1962年だって。古き良きアメリカだねぇ。

【The Beach Boys 03】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のサーファー・ガール(Surfer Girl)。みなさんのおばあちゃんぐらいの世代の人たちがキャーキャー言っている映像が見られます。

【The Beach Boys 04】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のビー・トゥルー・トゥ・ユア・スクール(Be True To Your School)。全力で青春している歌ですね。

【The Beach Boys 05】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のハワイ(Hawaii)。実は行ったことないので、あこがれです。

【The Beach Boys 06】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のファン・ファン・ファン(Fun Fun Fun)。楽しむのがイチバンだ。

【The Beach Boys 07】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のアイ・ゲット・アラウンド(I Get Around)。この楽しさは、天才的だ。

【The Beach Boys 08】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のヘルプ・ミー・ロンダ(Help Me Rhonda)。全米No.1になっている曲ですよ。

【The Beach Boys 09】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のカルフォルニア・ガール(California Girl)。だんだんアレンジが凝ってきたね。

【The Beach Boys 10】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のバーバラ・アン(Barbara Ann)。まさにパーティソング。うきうきするね。

【The Beach Boys 11】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のグッド・ヴァイブレーション(Good Vibrations)。超名曲。泣ける。大好き。生涯ベストソングの1つだ!

【The Beach Boys 12】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)の英雄と悪漢(Heroes & Villians)。この曲もクオリティ高い。

【The Beach Boys 13】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のドゥ・イット・アゲイン(Do It Again)。悪くないよね。全盛期の勢いはないけど。

【The Beach Boys 14】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のコットン・フィールド(Cotton Fields)。昔のフォークソングのカバーらしい。
https://youtu.be/o3bKEp919RU

【The Beach Boys 15】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のゲッチャ・バック(Getcha Back)。映像がおもいっきりMTVだね。

【The Beach Boys 16】
ビーチボーイズ(The Beach Boys)のココモ(Kokomo)。映画カクテルの主題歌で22年ぶりの全米No.1ソング。トム・クルーズ(Tom Cruise)も映っている。

【海と街と音楽と 名盤100選INDEXに戻る】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事