海と街と音楽とVol.21 踊り続けよう、夜が明けるまで

海と街と音楽とVol.21 踊り続けよう、夜が明けるまで

Chewing The Fat / Blue Rondo A La Turk (1982)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今回はブルー・ロンド・ア・ラ・ターク(Blue Rondo A La Turk)の踊れば天国アイアイアイ(Chewing The Fat)をご紹介します。

いわゆるファンカラティーナでブレイクしたグループです。ブルー・ロンド・ア・ラ・タークはトルコ風ブルーロンドという意味でデイブ・ブルーベック(Dave Brubeck)というジャズカルテットの曲名をグループ名にしています。

邦題は、踊れば天国アイアイアイという台無しな感じですが、原題のチューイング・ザ・ファットというのは「おしゃべりをする」という意味で、井戸端会議でガヤガヤと話しながら大笑いをしているというイメージに内容はぴったりです。

ハイテンションで、明るい曲が並んでいるので、天気の良い夏のビーチなどで聴いて欲しいですね。

この調子でガンガン何枚もアルバムを出して欲しかったのですが、残念なことにこのファーストの後にバンドは分裂。片方はマット・ビアンコ(Matt Bianco)として大ヒットを飛ばし、残ったメンバーはブルー・ロンドと名前を短くするけど、あまりヒットせずに解散してしまいました。

同じような音楽をやっていたグループにモダン・ロマンス(Modern Romance)もいましたが、個人的にはブルー・ロンド・ア・ラ・タークの方がかっこよかった。バンド名も、こっちの方がおしゃれだし。
ただモダン・ロマンスには今夜はアイ・ヤイ・ヤイ! (Ay Ay Ay Ay Moosey)というヒット曲があって、どうやらブルー・ロンド・ア・ラ・タークのファーストの邦題は、これをパクったぽいですね。

ポストパンクはリズムの時代で、アダム&ジ・アンツ(Adam and the Ants)のズンドコリズムから、このブルー・ロンド・ア・ラ・タークのようなラテンフレーバーあふれるファンカラティーナ、そしてフロント242(Front 242)などのEBM(Electronic body music)と広がって、やがてハウスやEDMへとつながっていきます。

まあ、その辺りの細かいことはどうでも良くなるのがファンカラティーナのいいところなので、みなさんもとりあえず聴いて、踊ってください。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

おすすめの記事