BLOG

海と街とスタッフの興味

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Blog
  4. 海と街と音楽とVol.8 ちょっとセンチメンタルな時は、ニュー・オーダーでたそがれる

海と街と音楽とVol.8 ちょっとセンチメンタルな時は、ニュー・オーダーでたそがれる

New Order / Republic (1993)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今日はニュー・オーダー(New Order)のリパブリック(Republic)です。

ニュー・オーダーは、ジョイ・ディビジョン(Joy Division)という伝説のグループのボーカルが自殺してしまい、残ったメンバーではじめたバンドでして、世間的には「同じように成功するのはムリじゃね」と思われていたのですが、見事元のバンド以上の成功を収めたという奇跡のグループです。

そのニュー・オーダーの数あるアルバムの中からリパブリックを選んだのは、ジャケットがビーチで浮き輪を引っ張り合う水着カップルだからです(半分は火事ですが)。

ニュー・オーダーと言えば私の人生ベストソングのひとつブルー・マンディ(Blue Monday)があり、個人的には権力の美学(Power, Corruption & Lies)がいちばん好きで、その次がローライフ(Low-Life)かブラザーウッド(Brotherhood)、勢いならテクニーク(Technique)がおすすめですが、哀愁メロディ系としては、このリパブリックも悪くないです。
ちょっと憂いをおびたルーインド・イン・ア・デイ(Ruined in a Day)とかエヴリワン・エヴリホエア(Everyone Everywhere)とか、心にしみます。だんだん人が少なくなっていく夏の終わりのビーチの感じですかね。

哀愁系の名曲にはトゥルー・フェイス(True Faith)とか1963というのもあります。たしかベスト盤に収録されていたはず。

エレクトロニックな音は海に合わないと思うかもしれませんが、意外と合うので、一度お試しあれ。

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

関連記事