BLOG

海と街とスタッフの興味

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Blog
  4. 海と街と音楽とVol.7 ビーチサイドで髪を切る100の方法
大金久海岸

海と街と音楽とVol.7 ビーチサイドで髪を切る100の方法

Pelican West / Haircut 100(1982)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

今日紹介するのは80年代の青春おしゃれ番長とでもいうべきヘアカット100(Haircut One Hundred)の1stアルバムであるペリカン・ウエスト(Pelican West)です。

80年代はじめにファンカラティーナというファンクとラテンを混ぜたような陽気なダンスミュージックのブームがありまして、その代表的バンドのひとつが、このヘアカット100。

ジャケットを見ればわかるようにアイビールックの若い男の子たちなので、アイドル的な人気者になりました。曲も、好き好きシャーツ(Favourite Shirts (Boy Meets Girl))、渚のラブ・プラス・ワン(Love Plus One)など、明るくさわやかなものが多く、みんなでビーチへ繰り出す際のBGMにぴったりです。

ヘアカット100は残念ながらアルバム2枚を残しただけで解散してしまいますが、ボーカルのニック・ヘイワード(Nick Heyward)は、その後ソロでも活躍し風のミラクル(North of a Miracle)がヒットしました。

フリッパーズギター(Flipper’s Guitar)の カメラ・トーク(Camera Talk)に収録されている「バスルームで髪を切る100の方法」はもちろんヘアカット100へのオマージュです。

さぁ、あなたもビーチでヘアカット100を聴いて青春しましょう。


ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

関連記事