BLOG

海と街とスタッフの興味

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Blog
  4. 海と街と音楽とVol.5 ジョビンに誘われてイパネマ海岸へ

海と街と音楽とVol.5 ジョビンに誘われてイパネマ海岸へ

Wave / Antonio Carlos Jobim(1967)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。

そろそろ夏が恋しくなってきませんか? というわけで今回は夏の海のBGMの定番ともいえるアントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)の波(Wave)をご紹介します。

ジョビンはボサノヴァを創生したと言われているブラジルの音楽家。一番有名な曲はたぶんイパネマの娘(The Girl from Ipanema)で、カバーも多いので聴いたことがあるかもしれません。

この波というアルバムには、残念ながらイパネマの娘は収録されていませんが、アルバムタイトルにもなった波や赤いブラウス(The Red Blouse)など、誰もが一度は耳にしたことがあるボサノヴァのスタンダードが並んでいます。ヴォーカルなしのイントルメンタル・アルバムですが、「究極のイージーリスニング音楽」と呼ばれるだけあって、聴いていて飽きることがありません。

大人っぽくて、ゴージャスな感じは、リゾートビーチでカクテルなんか飲む際にぴったり。でもって、アロハシャツと短パンではなく、麻のスーツとかが似合いそう。

ちなみにリオ・デ・ジャネイロのガレオン空港は、ジョビンの死後アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港と改名されたそうです。

ーーーーーーーー
Kato Toshiaki/加藤才明
海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

関連記事