BLOG

海と街とスタッフの興味

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Blog
  4. 海と音楽とVol.2 海の見えるカフェにて、トレーシー・ソーンでまったり。

海と音楽とVol.2 海の見えるカフェにて、トレーシー・ソーンでまったり。


Tracey Thorn / A Distant Shore(1983)

こんにちは。海と街との代表の加藤です。
海と街と音楽の第2回は、トレーシー・ソーン(Tracey Thorn)をご紹介します。

彼女のファーストソロアルバム「A Distant Shore」。日本版タイトルは「遠い渚」。ジャケットがすべてを語っていると思いますが、ビーチチェアに座ってぼんやり海を眺めているときに流れてきてくれるとうれしい音です。
ハイライトはベルベット(the Velvet Underground and Nico)の「宿命の女(Femme Fatale)」のアコースティックなカバー曲ですかね。

今聴くと大人しいおしゃれ音楽みたいですが、80年代頭は「ネオアコ」と呼ばれた革新的な音でした。プログレとかハードロックとか足し算の音ばっかりだった時代に、引き算の音をはじめたので、まあある意味パンクな音でした。ネオアコでパンクというのが理解できない場合はヤング・マーブル・ジャイアンツ(Young Marble Giants)を聴くとわかるかも。

この後ベン・ワット(Ben Watt)とはじめたエヴリシング・バット・ザ・ガール(Everything But the Girl略してEBTG)はスタイル・カウンシル(The Style Council)のファーストアルバムに参加するなど、大ブレイクしたので、EBTGを知っている人は多いと思いますが、ぜひこのファーストソロも聴いてみてください。

あ、EBTGは、途中からハウスに傾倒していくので、アコースティックな音が聞きたい人は初期のエデン(Eden)とかベイビー、ザ・スターズ・シャイン・ブライト(Baby the Stars Shine Bright)とかをおすすめします。


ーーーーーーーー

Kato Toshiaki/加藤才明

海と街と株式会社代表。コピーライター/クリエイティブディレクターとして企業の広告やプロモーションの企画・制作に携わってきたノウハウを地域振興へ応用し、持続可能なソーシャルビジネスを実践。海辺からの町おこしを標榜する一般社団法人海洋連盟の活動もサポートしている。

関連記事

月を選択